こんにちは

赤ちゃんを育てていると本当に悩みは尽きませんよね。
その子その子のペースがあるし、
機嫌だってその日によって違う。

でも悩んでいる自分を見ると
自分もそうやって育ててもらったんだなと
しみじみ思って親のありがたみを
痛感しますよね(´;ω;`)

今回は新米ママさんがぶつかるであろう問題
ひとつ。

「離乳食を食べない」です。

まさにそれですーって読んでもらってる方、
大丈夫ですよ♡

原因から考えていきましょう。

 

赤ちゃんが離乳食を食べない理由と対策

 

1)離乳食自体を食べたくない

昨日は食べたのに今日は食べない。
離乳食初期にすごく多いです。
そんなときは無理せず母乳やミルクをあげ、
離乳食を一旦おやすみしましょう♪
テキストなんかでは、6ヶ月ごろ・・・なんて
書いてありますが、
赤ちゃんのペースが一番大事です。
様子を見ながら進めていきましょう♪

2)食感が嫌い

けっこう多いです。これ。
離乳食初期って基本はすり潰したものですよね。
この食感が嫌いな子、なかなか食べてくれません。
我が家の下の子もそうでした。
ベタベタ感が嫌いなようで、
離乳食初期のものは殆ど拒否(´;ω;`)
ただ、これも無理やりあげようとしても
出してしまうだけだし、
スタートする時期をズラして
軟飯くらいをあげてみると意外とすっと食べました。
ただ、もぐもぐする力はまだ猛特訓しないといけないので
一口にあげる量は気をつけてあげてくださいね。
わたしの周りでもこのパターンの
お子さんは多くて、よく聞きました。

3)味が嫌い

離乳食は基本かなりの薄味です。
赤ちゃんの中にはそれが嫌いな子もいるようです。
初期の離乳食から濃い味がいいというのは
なかなかないかもしれないですが、
中期から後期では
味覚がどんどん発達し、
薄い味では食べなくなる場合もあります。
我が家の上の子がそうでした。
これもテキスト通りに!ってヤキモキするよりは
赤ちゃんが機嫌よく食べてくれる方が
絶対大事!って思って少し味をつけるように
するとご機嫌に食べてくれました(笑)
濃くしすぎるのはだめですが、
少し調味料を足したり、
和食であればしっかりと出汁を変えてみるのも
ひとつです。
出汁が効いていると調味料が少なくても
しっかりとした味になります♪

4)遊びたい

これもあるあるのひとつです。
ご飯を食べることよりも
遊ぶことに気を取られて量を食べない子
多いですよね。
そんなときは、「これを食べたら遊んでいいよ」と
あとどれだけ食べたら、という約束をして
食べたら遊ばせてあげるとよかったです。

5)間食の食べ過ぎ

基本的にはご飯の時間・間食の時間は
規則的に決まっていると思うのですが、
ご飯をあまり食べなかったときは
変な時間に間食したりしますよね。
結果、その後のご飯にも影響してくる・・・
これはなかなか難しいですが、
やっぱり間食を増やさず、
ご飯を食べないとお腹が空くんだと
分かってもらうことが大事ですね♪
それでも、のときは
間食のあとのご飯の時間を少し調整したりして
ご飯を食べてくれるように工夫しましょう(*^^*)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

わたしは一人目の子のとき、
はじめてだったので必死になってました。
早く食べて欲しいという思いもあったし、
だからこそ食べないと焦る。

そんなときに気持ちが楽になった言葉
「一生ミルクの子どもはいないから。
いずれちゃんと食べるようになるから
ゆったりと」

ほんとそのとおりですよね。
テキストよりも自分の目の前の
子どもを見てあげるべきでした(´・ω・`)

このブログに辿り着いてくださった
ママさんが少しでも気持ちが楽になりますように☆

応援してます♡

では今回はこのへんで
失礼します。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

スポンサーリンク