こんにちは

ママになって、子どもがハイハイから歩きだすと出てくる
”靴選び”。
お祝いなどで靴をもらうこともありますよね。

でもちょっと待ってください!
本当にその靴でいいの?って立ち止まりましょう。

今日はその「子どもの靴選び」についてフォーカスしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

現代の子どもの足はどんな問題があるの?

最近の子どもの「足事情」ってご存知ですか?
「ハイハイ」の時期は腕力、手足、体幹などが強化される
非常に大切な時期です。
そのハイハイの時期が短く、すぐにつかまり立ちに移行してしまう
ベビーが増加しています

するとどんなことが起きるのか。
体力がなく運動能力も低い、
そしてコケやすい子が多くなります

知ってますか?今、遠足で最後まで歩けない子が
続出しているそうです。
また、運動会でもコケる子どももいっぱいいるのだとか。

そして、
発育に非常に大切な時期である乳児期・幼少期に
いわゆるオシャレ靴が増えたことにより
その時期の足に合った靴選びがされていません。

 

子どもの靴を選ぶポイントは?

では、子どもの靴を選ぶ大切なポイントは何なのでしょうか?

① かかとがしっかりしていてホールドされるもの

→小さい足は左右にブレます。そのときにかかとがしっかりとして支えてくれる
靴であることが重要になります。

②つま先が広いもの

→子どもの足は平たい足です。もう少し言えば横からみて
つま先部分が少し上がっているものが小さい頃の足には合っています。

③適当な弾力がある靴底のもの

→硬すぎると歩きずらく、柔らかすぎると足の発達によくありません。

 

おすすめの子ども靴のブランド

① asics(アシックス)

一番重要だと言っても過言ではない
「かかと」がしっかりとしています。
私がいつも通っている靴屋の店長も
アシックスさんを一番に推奨されていました。

 

 

② MIZUNO(ミズノ)

MIZUNOさんは日本人の足の特徴を長年研究されています。
子どもの靴に関してもそのノウハウが散りばめられており、
小さなころの足に非常に合っています。
実際うちの子のファーストシューズはMIZUNOでしたが
歩きやすそうでした。

 

 

 

③ IFME(イフミー)

こちらも子どもの足をしっかり研究されていて
そのこだわりが散りばめられています。
また、中敷きが取り外し可能で洗うのも楽であること、
金額的にもお財布に嬉しい価格です。

夏になるとアクアシューズは在庫切れが多いので
早めにご購入されることをおすすめします☆

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

たかが靴ですがされど靴です。
ママの選択が可愛い子どもの足の発育に直結します。
しかも足ってとても重要ですよね。

できればお家の中では裸足で過ごして
足の感覚を養うことも大切。

また、赤ちゃんの足は汗っかきです。
なるべく通気性のよいものを選んでくださいね♪

オサレ~な靴はおでかけ用にして、
普段のお散歩用・履きつぶし用は
きちんと子どもの足に合ったものを選びたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク